タグ:亜種 ( 5 ) タグの人気記事

撮れて良かった亜種イシガキヒヨドリ

石垣に行けばごく普通に見ることができるけど、行かないと見ることができないのが亜種の辛いところ・・・。
そう滅多にいけるところではないので慎重に撮影しました。

e0000968_228462.jpg

[PR]
by gary_nike | 2011-09-27 22:30 | 国内遠征で見付けた動物

カナダガンの亜種

どうも好きになる鳥は亜種が多いようです・・・・。
その中のひとつがカナダガン並べてみるとすぐに見分けの付く亜種もいるし、専門家でも難しいというか亜種とは認められないのではないかといわれるのもおります。
いろんなカナダガンを見てきたけど、この仔は亜種チュウカナダガンで良いと思ってますがいかがかな?
e0000968_1033991.jpg

e0000968_1033843.jpg
「亜種チュウカナダガン」B.c. parvipes sp
2004.04.25
アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ周辺
PENTAX MZ-3+PENTAX 300/f4.5F☆ RVP100

学名:Branta canadensis   
分類:カモ目カモ科  
英名:Lesser Canada Goose

カナダガンの亜種を示します。  
※野外での識別はできない種。同種異名の種と思われているものも含みます。

* ヒメシジュカラガン  B.c.minima "Cackling"     
* コシジュゥカラガン  B.c.asiatica     
* シジュウカラガン  B.c.leucopareia  "Aleutian"     
* ナイチカナダガン  B.c.interior     
* コカナダガン  B.c.hutchinsii "Richardson's"     
* カナダガン  B.c.canadensis  "Atlantic"     
* チュウショウカナダガン  B.c.taverneri     
* チュウカナダガン  B.c.parvipes     
* クロカナダガン  B.c.occidentalis "Dusky"     
* オオクロカナダガン  B.c.fulva     
* オオカナダガン  B.c.moffitti     
* オニカナダガン  B.c.maxima

シジュウカラガンB.c.leucopareiaはカナダガンB.c.canadensisの小さな亜種で、ヒメシジュウカラガンB.c.minimaよりほんの少し大きい。そして、一般にねずみ色がかった褐色の胸を持っている。しかしヒメシジュウカラガンほど暗くはなく、チュウショウカナダガンB.c.taverneriおよびチュウカナダガンB.c.parvipesほど明るくはない。

成鳥のシジュウカラガンの首の基部には、13~26mmの幅の白い輪がある。最初の秋および冬の幼鳥では、この白輪はないか、あるいはほんの少しの白い羽が見えるだけである。

シジュウカラガンは、同じサイズの他のカナダガンの亜種が丸い頭を持つのと対照的に、急な額と扁平な頭を持っている。そして普通は、頭部下面の黒い羽毛によって、頬の白斑が分割されている。しかし、この特徴は多くのヒメシジュウカラガンとチュウショウカナダガンと共通である。

ちなみに種和名については、日本鳥類目録に従うとシジュウカラガン。鳥見人はかつて日本に少数飛来していた種B. c. leucopareiaをシジュウカラガンと呼び大型の亜種をカナダガンと読んでいるようです。 飼育鳥をカナダガンだと思われている方もおられますが、それは間違いですね。  
※日本鳥類目録(日本鳥学会 1974)では, シジュウカラガンという和名は種名 Branta canadensisと亜種名B. c. leucopareiaの両方に用いられています。   

また、仙台の八木山動物公園では1985年の秋からシジュウカラガンB. c. leucopareiaの越冬地放鳥による渡りの復元計画をしており1985年から1991年までの7年間に37羽を放鳥しました。この個体群もしっかり帰ってきてますよ~。


e0000968_10351735.jpg

e0000968_1035177.jpg


e0000968_10351817.jpg
「亜種カナダガン」B.c.canadensis sp
2005.06.04
近畿地方某所
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6☆ RVP100
初認は5月9日。移動を繰り返し長期滞在をしている。大きさや首輪の大きさから B.c.canadensis sp と思われるので篭脱けの可能性が非常に高い。

e0000968_1039560.jpg

e0000968_1041252.jpg
「亜種チュウカナダガン」B.c. parvipes sp
2003.09.28
米国イリノイ州バシューウッズ貯水池
PENTAX MZ-3+PENTAX 300/f4.5F☆ RVP
私は2003年9月末に米国イリノイ州にあるバシューウッズ貯水池で観察しました。
シカゴ周辺で一番よくみるタイプは下記画像のチュウカナダガンといった印象を受けたが、季節や場所によって変化があると思われます。
胸の色は淡い。左右の頬の白斑は顎の下でつながっている。
首の黒色部と胸の間に白い線が無く、胸が白っぽいので、オオカナダガン,カナダガン,チュウカナダガンの仲間。「ゴルフ場の池にこれよりも大きいのがいるよ」と地元の人に教えていただいたので、チュウカナダガンの可能性が高い。(チュウショウカナダガンはチュウカナダガンに含まれるという考え方もある。)

e0000968_10434122.jpg

e0000968_10431542.jpg
「亜種カナダガン」B.c.canadensis sp
2004.12.29
山中湖
PENTAX Z-5P+PENTAX 300/f4.5F☆ RVP100
※日本に定着した固体について・・・。静岡県富士宮市内の「富士桜自然墓地公園」に1985年(昭和60年)1月に2羽が飛来し、5月に5羽のヒナが孵りました。それが最初ですね。(篭脱けは否定できません。)
この個体群は静岡県内や山梨県内にて繁殖を続けて、愛知県,静岡県,関東まで飛来してます。これは、カナダガンB.c.canadensisだと思われます。

e0000968_1044436.jpg


e0000968_1044441.jpg

e0000968_10444432.jpg
「亜種ヒメシジュウカラガン」Branta canadensis minima sp
2002.12.29
湖北町
Vixen spotting scope 60s+NIKON COOLPIX800
カナダガンの中でもっとも小さい。胸は灰色暗褐色。くちばしは短くて太い。首の付け根に白い輪が現れることもあるが、あっても非常に細いか不完全であることが多い。くちばしから前頭部にかけての形と頭部は全体的に丸味をおびている。

  
【送料無料】グースにあった日

【送料無料】グースにあった日
価格:1,365円(税込、送料別)


[PR]
by gary_nike | 2011-03-06 10:46 | 海外で見付けた動物

メジロの亜種

学名:Zosterops japonica   
分類:スズメ目メジロ科  
英名:Japanese White-eye

メジロ Z. j. japonica ,シマメジロ Z. j. insularis ,リュウキュウメジロ Z. j. loochooensis ,ダイトウメジロ Z. j. daitoensis ,シチトウメジロ Z. j. stejnegeri ,イオウトウメジロ Z. j. alani の6亜種に区分される。

上面は暗黄緑。喉は黄色く目の回りが丸くて白い。低地から低山の林に住み特に暖地の常緑広葉樹林に多い。花密や木の実をと好み小群で木の間を移動する

メジロ類は旧世界に分布する烏で,アジア,アフリカ,およびオーストラリアまで広く分布しており,全部で11属,83種が知られている。
日本にはメジロZ. j. japonicaが生息し、チョウセンメジロZosterops erythropleuraが迷行してくる。
メジロは種内の地理的変異が豊富で、200以上もの亜種が記載されている。
日本のメジロも島嶼に分布するものは本土のものと亜種を異にする。


e0000968_95388.jpg
「メジロ」
2006.02.05
兵庫県加古川市
CANON EOS 10D+PENTAX 600/f5.6 自作アダプタ使用

e0000968_95335.jpg

e0000968_95164.jpg

e0000968_95060.jpg
「亜種リュウキュウメジロ」 Z. j. loochooensis
2005.07.21
沖縄県那覇市
下面は胸と脇が灰白色。
上面の緑色には亜種ヒメメジロほど黄色味はない。
下嘴先端の黒色部は不明瞭。 
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100

e0000968_973332.jpg

e0000968_95029.jpg
「メジロ」Z. j. japonica
京都府京都市
下面は胸と脇が赤褐色。
成長の虹彩は灰褐色の個体が多い。
下嘴先端の黒色部は不明瞭。 
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100

e0000968_95168.jpg
「交雑種オガサワラメジロ」
Z. j. stejnegeri x Z. j. alani
母島
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100
伊豆諸島からの移入種である亜種シチトウメジロと亜種イオウトウメジロとの交雑種でオガサワラメジロと呼ばれる個体だと思います。
喉の黄色および胸と脇の赤褐色は淡色で、亜種メジロよりもあきらかに大きく太い嘴が特徴、体もよりも大きい。
羽色は亜種イオウトウメジロに似るらしいけど、亜種イオウトウメジロを見たことがないのでよく解りません・・・・(^_^;)
この個体は嘴や体の大きさから亜種シチトウメジロの可能性も否定できません。

上の親画像を撮影地の少し離れた場所でヒナ3羽も撮影しました。
e0000968_945939.jpg
「交雑種オガサワラメジロ J」
Z. j. stejnegeri x Z. j. alani
母島
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100

  
【送料無料】ちょこ旅小笠原&伊豆諸島

【送料無料】ちょこ旅小笠原&伊豆諸島
価格:1,500円(税込、送料別)


[PR]
by gary_nike | 2011-03-03 22:11 | 国内遠征で見付けた動物

ヒヨドリの亜種たち

ヒヨドリの亜種たち
亜種という定義はいまいち明確な感じがせず、実際亜種が昇格して別種になったり、降格して同一種になったりと年々図鑑が変わっていきます。

学名:Hypsipetes amaurotis   
分類:スズメ目ヒヨドリ科  
英名:Brown-eared Bulbul

* エゾヒヨドリ H. a. hensoni
* ヒヨドリ H. a. amaurotis
* アマミヒヨドリ H. a. ogawae
* リュウキュウヒヨドリ H. a. pryeri
* イシガキヒヨドリ H. a. stejnegeri
* タイワンヒヨドリ H. a. nagamichii
* ダイトウヒヨドリ H. a. borodinonis
* オガサワラヒヨドリ H. a. squamiceps
* ハシブトヒヨドリ H. a. magnirostris
 
の9亜種が知られています。
体は灰褐色で胸には縦斑がある。頬は赤褐色である。下尾筒は灰褐色で淡色の羽縁がある。



亜種リュウキュウヒヨドリの幼鳥です。まだ頭がボサボサですね。

e0000968_10204210.jpg
「亜種リュウキュウヒヨドリ」 H. a. pryeri
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6 RVP100


亜種イシガキヒヨドリです。お腹の色合いが随分と暗い感じ。

e0000968_10212347.jpg
「亜種イシガキヒヨドリ」 H. a. stejnegeri
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6 RVP100


これが良く見る亜種ヒヨドリ。やっぱり色合いが全然違いますね。

e0000968_102329.jpg
「亜種ヒヨドリ」H. a. amaurotis
2004.03.01
京都府京都市
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6 RVP100

e0000968_10235698.jpg
「亜種ヒヨドリ」H. a. amaurotis
2005.02.28
京都府京都市
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6 RVP100


最後は亜種オガサワラヒヨドリ
並べてみるとやっぱり違いがありますね。

e0000968_10243638.jpg
「亜種オガサワラヒヨドリ」H. a. squamiceps
2005.04.06
母島
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6 RVP100

※この内容は2007年1月30日のものに加筆修正をしています。
[PR]
by gary_nike | 2011-02-21 21:38 | 国内遠征で見付けた動物

リュウキュウコノハズクのおめめ

コウノトリはなぜか人気が少なかったので、人気者?のリュウキュウコノハズクを出しましょう。
探せばいくらでも見つかるフクロウで、フクロウの中では一番見つけやすいと思います。

e0000968_21241215.jpg


人気blogランキング ← 1日一回ぽちっ!と押して応援してね!!ヽ(^o^)丿
[PR]
by gary_nike | 2005-10-19 21:24 | 国内遠征で見付けた動物


銀塩やミラーレスでも野鳥撮影できるぞ!リンク、コメント,トラックバックすべてお気軽にどうぞ!!


by gary_nike

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
庭&自宅から見付けた動物
加東市内で見付けた動物
兵庫県内で見付けた動物
関西で見た動物
国内遠征で見付けた動物
海外で見付けた動物
家造り
ジャグリング
卓球
バドミントン
アウトドア
ひとこと
イベント
おでかけ
野鳥撮影について
ハムスター
音楽
未分類

最新の記事

YOJ2015 準々決勝
at 2015-09-13 11:13
イソシギ
at 2015-01-12 09:29
明けましておめでとうございます。
at 2015-01-01 10:28
フィルムスキャナー
at 2014-11-30 23:32
撮影の練習
at 2014-11-03 18:52

タグ

最新のトラックバック

撮れて良かった亜種イシガ..
from 野鳥撮影@銀塩派
久しぶりのチコべぇ捕囚
from COMPLEX CAT
NO.284 青葉の頃
from 野山を歩けば君がいる
渡り鳥を撮影に来ています。
from Niseko bowgrap..
飛びモノ写真に挑戦
from まぁくんのオサムシ

フォロー中のブログ

綾瀬市と周辺の自然
Bravo! Birds
Field Photo ...
P-days Bird ...
R&M
SHORE BIRDS ...
探鳥日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
asa92's bird...
まぁくんのオサムシ
氏原巨雄の雑記鳥
野山を歩けば君がいる
瞳の奥に  ~In Y...
ビーズアクセサリー「...
あれも見たいこれも見たい
鳥平の自然だより(動物編)
さわやかな風景とスローな...
Slow Life is...

外部リンク

その他のジャンル

画像一覧