カテゴリ:国内遠征で見付けた動物( 62 )

ズグロミゾゴイだけど・・・

声はすれども姿は見えず・・・・。
やっと見つけたと思っても藪の中や高い木の枝の中で、なかなか姿を見せてくれない鳥でした。

それが先島遠征の最終日に私の前にひょっこりと現れてくれたのです。
           ラッキーヽ(^o^)丿
でもいざ写真を撮ろうとしてもシャッターが切れない・・・、なんで?
あっ電池切れだぁ。(T_T)
急いで車まで戻ってサブカメラに交換してダメだとおもいつつ戻ってくると、なぜかこの仔は同じ場所で待っていてくれました。なんていい仔なんでしょ。

学名:Gorsakius melanolophus   
分類:コウノトリ目サギ科  
英名:Malay Night Heron

体の上面は赤茶色、風切が黒色で翼の先端部に白斑がある。目先は青色である。幼鳥は全体的に灰色で黒い細かい横斑がある。


e0000968_10281271.jpg

e0000968_10281081.jpg
「ズグロミゾゴイ」
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6 RVP100
[PR]
by gary_nike | 2011-09-05 22:11 | 国内遠征で見付けた動物

マミジロの♀って?

マミジロやクロツグミの♀ってなかなか撮影する機会がないですねぇ~。
これがまた、よ~くみないと識別が厄介な鳥なんですよ。
ワキアカツグミやらウタツグミなんかにしてしまうことがありますね。
♀の在庫が無いので、とりあえず♂を貼っておきますね。(^^ゞ


学名:Turdus sibiricus    
分類:スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科    
英名:Siberian Thrush

夏鳥として本州中部以北に渡来し、低山帯から亜高山帯の森林で繁殖する。春秋の渡りの時期には公園等の市街地でも観察される。

雄は全身黒色で、やや光沢がある。白い眉斑が目立つ。雌は全身オリーブ褐色で、下面は淡い斑が目立つ。

林内の地上を歩いて、ミミズや昆虫類を捕食する。近年減少している。日中は暗いところを好み、なかなか姿を見せない。


e0000968_10214463.jpg

e0000968_10214298.jpg

e0000968_10214393.jpg
「マミジロ♂」
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6 RDPⅢ
[PR]
by gary_nike | 2011-09-04 22:09 | 国内遠征で見付けた動物

憧れのカンムリワシ

なかなか見に行けない場所の鳥は憧れの鳥になっていつか見てみたいと思うようになりますね。私の場合はアホウドリカンムリワシサンジャクでした。
今年はその3種をとうとう見てしまいこれで鳥見も終わりか?と思いましたが・・・・。

でもそうはいかないのが鳥屋の悲しい性・・・・(^^ゞ
ちらっとしか見たことがないウズラや、去年大盤振る舞いででていたタカサゴクロサギも見たぁ~い。

学名:Spilornis cheela   
分類:タカ目タカ科  
英名:Crested Serpent Eagle

全身褐色で白い斑点がある。頭部には黒褐色と白の斑紋のある冠羽がある。


e0000968_21332951.jpg

e0000968_21332973.jpg

e0000968_2133287.jpg

e0000968_21332728.jpg

e0000968_21332637.jpg
「カンムリワシ」
石垣島
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6 RVP100
[PR]
by gary_nike | 2011-09-03 22:07 | 国内遠征で見付けた動物

止まってぇ~オナガミズナギドリ

航路上での鳥の観察はあっという間に鳥がいなくなるので大変です。
一番近くなったところで”パチリ!”
撮影して面白い鳥ですな。

学名:Puffinus pacificus   
分類:ミズナギドリ目ミズナギドリ科  
英名:Wedge-tailed Shearwater

淡色型と暗色型がある。上面,風切,尾羽は黒褐色で淡褐色の波状斑がある。体下面と翼の雨覆部分は白い。嘴は細くて薄いピンク色。尾は長い。


e0000968_9322554.jpg
「オナガミズナギドリ」
PENTAX Z-5P+PENTAX 300/f4.5 RVP100

e0000968_932253.jpg

e0000968_9322541.jpg

e0000968_9322483.jpg
「オナガミズナギドリ」
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6 RVP100
[PR]
by gary_nike | 2011-08-29 20:49 | 国内遠征で見付けた動物

シマアオジだ!

シマアオジの♂は毎年見てるのに、♀の写真を持ってないんだなぁ~。
フィールドではアオジ♀と誤認してしまっているかも・・・・。


学名:Emberiza aureola   
分類:スズメ目ホオジロ科  
英名:Yellow-breasted Bunting

雄のシマアオジはアオジよりも顔が黒く、頭から背中は茶色、のどから胸にかけては黄色で、首には首輪のような茶色の模様がある。


e0000968_9154349.jpg
「シマアオジ」
2004.05.07
石川県輪島市
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6 RVP100

e0000968_9161877.jpg

e0000968_9161517.jpg
「シマアオジ」
石川県輪島市
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6 RVP100
[PR]
by gary_nike | 2011-08-28 21:31 | 国内遠征で見付けた動物

オオハシシギ

オオハシシギはシギらしい体形と夏羽の綺麗な色合いでかっこいいですねぇ~。

学名:Limnodromus scolopaceus   
分類:チドリ目シギ科  
英名:Long-billed Dowitcher

まっすくで長い黒いくちばしをもった中型のシギ類で、くちばしはからだの大きい雌では7~8cmの長さがある。体はムクドリ大で、夏羽では頭から下面が赤褐色で、顔から胸には細い縦班、脇には黒い横班がある。上面は赤褐色と黒と白の班模様があり、飛ぶと腰が三角形に白っぽく見える。足は黄緑色。冬羽では上面が比較的一様な灰褐色で、黒く細い軸班がある。

眼先は黒褐色。脚は暗い緑黄色。シベリアオオハシシギの脚は灰黒色。

冬羽は、赤褐色がなく、頭上、上背は灰褐色。眉斑は白色。下面は白く、前頸、頸側、胸は灰褐色。

鳴き声は、ピョルピュルピュル」、繁殖地では「ビリリリビィビョ」。

比較的まれなシギで記録は少ないが,1960年頃からは観察例が増えている。


e0000968_2121021.jpg

e0000968_212117.jpg
「オオハシシギ」
2005.11.19
愛知県 
CANON EOS 10D+300/f4 X2自作アダプタ使用

e0000968_2142224.jpg

e0000968_2142463.jpg

e0000968_2142485.jpg
「オオハシシギ」
2004.05.01
愛知県 
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100 補正+0.5

e0000968_2153385.jpg
「オオハシシギ」
2004.03.06
愛知県 
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100
[PR]
by gary_nike | 2011-08-07 23:51 | 国内遠征で見付けた動物

ツルシギ

真っ黒なツルシギは面白いですねぇ~。
なんであんなに黒くなるの?ってぐらいですね。

学名:Tringa erythropus   
分類:チドリ目シギ科  
英名:Spotted Redshank

ハトよりやや小さめ。春秋に渡来する旅鳥ですが、春に多く、秋は少ししか来ません。

冬羽は体の上面が淡い灰褐色、下面は白。夏羽は全体が黒くなります。

海岸や河口の干潟、海岸沿いの水田、池沼に生息、活発に動きまわってえさをさがします。足が長いので水が深いところでもえさを取り、ときには泳ぐこともあります。


e0000968_2051535.jpg
「ツルシギ」
2004.03.08
愛知県 
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100

e0000968_20514430.jpg
「ツルシギ」
2004.04.30
愛知県 
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100

e0000968_20523286.jpg

e0000968_20523246.jpg

e0000968_20523170.jpg
「ツルシギ」
三重県 
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100
[PR]
by gary_nike | 2011-08-05 20:53 | 国内遠征で見付けた動物

キタツメナガセキレイ

見ることはないだろうと諦めていた1種。キタツメナガセキレイ

e0000968_21544577.jpg
「亜種キタツメナガセキレイ」M. f. macronyx
2004.05.07
石川県輪島市
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100

地面の気温が高すぎてうまく撮影できなかったのが悔やまれますわ。
[PR]
by gary_nike | 2011-07-28 21:55 | 国内遠征で見付けた動物

マミジロツメナガセキレイ

セキレイ科の鳥は動きが早く難いですな。
この画像は上空を猛禽が飛んで一瞬動きが止まったところでパチリ!!
あれ?今飛んだ猛禽は何だったんだろ??

学名:Motacilla flava   
分類:スズメ目セキレイ科  
英名:Yellow Wagtail

北海道で少数のキマユツメナガセキレイ(M. f. taivana)が繁殖しているほか、マミジロツメナガセキレイ(M. f. simillima)とキタツメナガセキレイ(M. f. macronyx)が旅鳥または冬鳥として渡来するとされる。

草原に棲む黄色いセキレイです。

その名の通り、後趾の爪が長いことが特徴ですが、野外で確認するのはなかなか難しいものがあります。

地鳴きは”ジジッ,ジジッ”などと濁った声です。

黄色いセキレイとしては他にキセキレイがいますが、生息地が違うほか、キセキレイは足が肉色なこと、尾が長いこと、金属的な澄んだ声で鳴くことなどの点で異なります。


e0000968_21492080.jpg
「亜種マミジロツメナガセキレイ」M. f. simillima
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6 RVP100

e0000968_21511529.jpg

e0000968_21511633.jpg

e0000968_21511629.jpg
「亜種マミジロツメナガセキレイ」M. f. simillima
2004.05.08
石川県輪島市
PENTAX MZ-3+PENTAX 600/f5.6A☆ RVP100
[PR]
by gary_nike | 2011-07-27 22:36 | 国内遠征で見付けた動物

おさえておきたいオサハシブトガラス

先島諸島にいってぜひゲットしたかったのが、亜種オサハシブトガラス
そこらじゅうで見かけることができるので、のんびり構えていたがいざ撮ろうと思うと意外と手強い相手でした・・・・。
結局撮れたのはこの1枚のみ、撮れて良かったぁ~

e0000968_21423857.jpg
「亜種オサハシブトガラス」 C. m. osai
石垣島
PENTAX Z-5P+PENTAX 600/f5.6 RVP100


学名:Corvus macrorhynchos   
分類:スズメ目カラス科   
英名:Jungle Crow

額が盛り上がる。嘴基部の上部が直線的。翼の色は光線の具合によって緑や紫色に見える。

[PR]
by gary_nike | 2011-07-26 22:04 | 国内遠征で見付けた動物


銀塩やミラーレスでも野鳥撮影できるぞ!リンク、コメント,トラックバックすべてお気軽にどうぞ!!


by gary_nike

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
庭&自宅から見付けた動物
加東市内で見付けた動物
兵庫県内で見付けた動物
関西で見た動物
国内遠征で見付けた動物
海外で見付けた動物
家造り
ジャグリング
卓球
バドミントン
アウトドア
ひとこと
イベント
おでかけ
野鳥撮影について
ハムスター
音楽
未分類

最新の記事

YOJ2015 準々決勝
at 2015-09-13 11:13
イソシギ
at 2015-01-12 09:29
明けましておめでとうございます。
at 2015-01-01 10:28
フィルムスキャナー
at 2014-11-30 23:32
撮影の練習
at 2014-11-03 18:52

タグ

最新のトラックバック

撮れて良かった亜種イシガ..
from 野鳥撮影@銀塩派
久しぶりのチコべぇ捕囚
from COMPLEX CAT
NO.284 青葉の頃
from 野山を歩けば君がいる
渡り鳥を撮影に来ています。
from Niseko bowgrap..
飛びモノ写真に挑戦
from まぁくんのオサムシ

フォロー中のブログ

綾瀬市と周辺の自然
Bravo! Birds
Field Photo ...
P-days Bird ...
R&M
SHORE BIRDS ...
探鳥日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
asa92's bird...
まぁくんのオサムシ
氏原巨雄の雑記鳥
野山を歩けば君がいる
瞳の奥に  ~In Y...
ビーズアクセサリー「...
あれも見たいこれも見たい
鳥平の自然だより(動物編)
さわやかな風景とスローな...
Slow Life is...

外部リンク

人気ジャンル

画像一覧