腱板損傷 リハビリ2ヶ月後

どんな傷でも癒えるものだ、耐えるのだ
旅は行き先を知って行くものだ、知らぬ時は家にいろ
  by.ミヤギさん@ベストキッド


バドミントンの会長様より、
「腱板断裂ってなんやねん?」
という質問を受けましたので説明しますね。

痛みが出始めたのは2011年の8月頃。
バドミントンの練習中で、バックハンドでドライブを打ったときに強烈に腕から肩にかけて痺れが発生した。

それが1週間に2~3回発生するようになったので整形外科を訪ねてみると・・・・
「50肩ですね。運動不足ですよ!」
という診断。

それから症状が酷くなり2012年1月にもう一度受診し、「肩峰下インピンジメント症候群」

という診断で、これが原因で腱板が断裂したという説明を受けましたが・・・どうも腱板損傷が先にあってそれが原因で肩峰下インピンジメント症候群を引き起こすという考え方が新しいようです。

五十肩と混同されていますが、腕を真上に上げる動作を力を入れずに他人にあげてもらうと普通に腕が上がるのが特徴です。五十肩では肩を挙げれば挙げるほど痛みが強くなるのに対し、腱板断裂では挙げる途中や挙げてから腕をおろす途中で痛みが強くなります。

さて、約2ヶ月リハビリと治療を続けた今の症状は・・・・

e0000968_22314654.jpg



上の画像は両手を真横に開いた状態で、下は両手をグーにして胸の前で付き合わせた状態。
両方とも水平状態を意識しているんだけど、右肩が左肩よりも異常に突き出てしまっている。
これが肩の痛みの原因のようだ。

インナーマッスルとか腱版と呼ばれるなかのひとつ「棘上筋」がどうやら部分断裂してしまい、腕を上げているつもりが上腕骨を押さえつける棘上筋が不完全なために上腕骨と肩峰がぶつかるようだ。

[PR]
by gary_nike | 2012-02-25 22:34 | バドミントン


銀塩やミラーレスでも野鳥撮影できるぞ!リンク、コメント,トラックバックすべてお気軽にどうぞ!!


by gary_nike

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
庭&自宅から見付けた動物
加東市内で見付けた動物
兵庫県内で見付けた動物
関西で見た動物
国内遠征で見付けた動物
海外で見付けた動物
家造り
ジャグリング
卓球
バドミントン
アウトドア
ひとこと
イベント
おでかけ
野鳥撮影について
ハムスター
音楽
未分類

最新の記事

YOJ2015 準々決勝
at 2015-09-13 11:13
イソシギ
at 2015-01-12 09:29
明けましておめでとうございます。
at 2015-01-01 10:28
フィルムスキャナー
at 2014-11-30 23:32
撮影の練習
at 2014-11-03 18:52

タグ

最新のトラックバック

撮れて良かった亜種イシガ..
from 野鳥撮影@銀塩派
久しぶりのチコべぇ捕囚
from COMPLEX CAT
NO.284 青葉の頃
from 野山を歩けば君がいる
渡り鳥を撮影に来ています。
from Niseko bowgrap..
飛びモノ写真に挑戦
from まぁくんのオサムシ

フォロー中のブログ

綾瀬市と周辺の自然
Bravo! Birds
Field Photo ...
P-days Bird ...
R&M
SHORE BIRDS ...
探鳥日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
asa92's bird...
まぁくんのオサムシ
氏原巨雄の雑記鳥
野山を歩けば君がいる
瞳の奥に  ~In Y...
ビーズアクセサリー「...
あれも見たいこれも見たい
鳥平の自然だより(動物編)
さわやかな風景とスローな...
Slow Life is...

外部リンク

その他のジャンル

画像一覧